学会誌等編集委員会規程

学会誌等編集委員会規程

第1条(総則)
この規則は、日本情報デザイン学会 学会誌編集委員会(以下、編集委員会という)が、学術雑誌・会誌・学術大会プロシーディングス(以下、学会誌等という)を安定して信頼性の高い学術雑誌として発行するために必要な事項を定めることを目的とする。

第2条(編集委員会の構成)
1. 編集委員会は、理事会が指名する編集委員長(1名)、副編集委員長(2名以内)および編集委員(若干名)により構成される。人数は定めないが、学会誌等の刊行に支障のない人数とし、理事会がその都度定める。

2. 編集委員長は、外部有識者による編集委員を、編集委員総数の過半数に満ちない人数の範囲内で指名することができる。

3. 編集委員の任期は原則2年間とし、再任は妨げない。

第3条(編集委員会の業務)
編集委員会は,下記の事項に関するすべての事項について立案・審議する.

1. 学会誌等の企画・刊行。編集に関する事項
2. 学会誌等の投稿規定・執筆要領の策定に関する事項
3.投稿論文・記事等の受付、審査および掲載に関する事項
4.査読者の選定および掲載可否に関する事項
5. その他、編集委員会が行う適当と考えられる事項

第4条(編集委員会の開催)
編集委員会の会議は学術誌等の刊行にあわせて行うが、原則として、年2回以上は開催する。

第5条(規約の変更)
本規約の改定は理事会において行い、出席者の3分の2以上の賛成決議を得なければならない.

(附則)
本規約は2021年4月1日の日本情報デザイン学会編集委員会・準備会 において作成され、2021年5月1日の理事会にて承認された。

論文採録・掲載証明

論文採録・掲載証明の発行について

  1. 本学会が出版する論文誌・研究報告等に掲載・採録されたことを証明する書類が必要な場合は、事務局まで該当論文と目的先を明記の上、事務局まで申請してください。
  2. 論文採録証明は、採録が決定した論文に対して、採録決定日・依頼日を明記の上、編集長名義で発行する。
  3. 論文掲載証明は、出版された雑誌に掲載されている論文に対して、出版日・依頼日を明記の上、編集長名義で発行する。
  4. 論文の掲載・採録状況、プロセス、使用目的によっては、事務局の判断により、証明書の発行ができない場合があります。

論文査読規則

論文査読規則

  1. 本学会が出版する論文・研究報告(紙媒体・オンラインともに)の類は全て外部を含めた複数の審査員による査読を経て、掲載・出版される。無査読論文、無査読発表等は一切許可していない。
  2. ただし、学会が依頼する招待論文に関してはその限りではない。
  3. 本規則は、支部・部局における論文にも同様に適用される。
  4. 査読は「ブラインド査読」を採用する。全ての査読者は、著者・投稿者と異なる所属機関であることを原則とする。
  5. 査読の条件は以下に定める。
      • 学術誌の論文(ショートレター含む):3名以上の査読者による。
      • 学術報告・研究報告・アブストラクト:2名以上の査読者による。
      • 査読者は自分が共著者に加わっている論文を査読することはできない。

より詳しい査読プロセスは学会誌サイト(英文)よりご確認ください。

(2021年4月1日更新)

論文誌・出版

論文誌・出版

定期刊行物

国際論文誌(英文)『International Journal of Applied Informatics and Media Design』
論文誌(邦文)『情報デザイン研究』
    • 準備中

その他出版物

国際論文誌(英文)『Innovations in Applied Informatics and Media Engineering』by Springer

学術大会・研究会・セミナー

学術大会・研究会・セミナー

情報デザイン学会研究大会

  • 2024年度 研究大会(2024年8月23日〜25日)関東で開催予定

国際会議ICAIMD(主催)

国際会議ICSEng(協力)

Special Session”SS6: Technology of Media Communication and Data Science (ICSEng-TMCD)

  • Conference Date s: Aug.22-24, 2023
  • Venue : UNLV (LavVegas, USA)

入会案内

入会案内

会員の種別を確認し、所定の入会申請書を提出してください。

  1. 正会員(個人)会費5,000円/年額
  2. 学生会員(個人)会費1,000円/年額
  3. 団体会員(法人)会費10,000円/年額

入会申請書

入会

以下の入会申請書をダウンロードし、所定の事項を記入の上、事務局までメールにて送ってください。

退会

事務局までメールにて、退会の連絡および申請をしてください。事務局での受理・確認をもって退会手続きを進めます。なお、年度途中であっても年会費の返金等はいたしません。

学会規約・会則

日本情報デザイン学会会則

1. 学会名称

本会は日本情報デザイン学会と称する。本会の英文表記はJapan Society for Information Design(JSID)とする。

2. 所在地

本会の所在地(主たる事務所の所在地)は学会長が就任時に定める。

3. 目的

本会は情報デザイン学に関する研究を推進し、広く情報デザインの理論・実務全般の向上に寄与することを目的とする。

4. 事業

4.1.事業年度

本会の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

4.2.事業内容

本会は次の事業を行う。

  1. 学術大会の開催
  2. 会員相互の親睦や情報交換
  3. 研究発表会、講演会、勉強会、セミナー等の開催
  4. 論文誌・会誌・会報等の編集と発行
  5. 国際会議の主催や海外研究機関との連携事業
  6. 情報デザインに関わる資格の認定
  7. その他本会の目的を達成するのに必要な事業

5. 会員

5.1. 会員の条件

本会の会員は、情報デザインについて学術的、創作的、実務的関心と共通の関心と問題意識をもち、本会の会則に賛同する個人・団体とする。

5.2. 会員の種別

会員には以下の4種類を置く。以下の4種を総称して「会員」とする。

    • 正会員(研究者)
    • 正会員(クリエイター)
    • 正会員(一般)
    • 学生会員(大学院生)
    • 学生会員(学部生・高校生)
    • 団体会員(企業・営利団体)
    • 団体会員(自治体・非営利団体)
    • 名誉会員

なお、学生会員は在学期間をすぎた時点で正会員へと移行する。

5.2.1 研究者会員の規定

研究者会員とは、以下のいづれかに当てはまるものを指す。

  1. 大学院・大学・大学校・短期大学・高等専門学校・専門学校等、高等教育機関に教員あるいは研究者として勤務する者。常勤・非常勤・特任等の種別は問わない。
  2. 自治体・企業・法人等において、研究の職に携わり、勤務する者でその実績を証明できるもの。フリーランスや個人事業主も含む。
  3. 博士号あるいは修士号の学位(分野は問わない)を保有し、複数の著書や論文等を執筆し、公表した実績を有する者。なお、学位に専門職学位は含まれない。
5.2.2 名誉称号

本会は、名誉称号を定め、授与することができる。名誉称号は以下とする。

  1. 名誉会員:本会への顕著な貢献が認めらた者。
  2. フェロー:研究者として、情報デザインへの発展に顕著な貢献が認められた者。

6. 役員

6.1. 役員の種別と理事会

本会には以下を学会の役員とする。役員により理事会を構成する。役員の任期は2年とし、再任を妨げない。やむを得ない事情により解任・辞職をした場合は、一ヶ月以内に後任者を決定しなければならない。

  1. 代表理事1名
  2. 副代表理事1名
  3. 専務理事2名
  4. 常務理事2名
  5. 理事(上記(1)、(2)を含め)8名
  6. 監事2名

6.2. 役員の選任

  1. 理事は、正会員の選挙により選出する。任期は2年(4月1日から翌々年3月31日)とし、再任は妨げない。
  2. 代表理事は、会員の選挙で選ばれた理事の互選によって候補者を定め、経営委員会の諮問の上、決定する。
  3. 監事は、理事会が理事以外の会員に委嘱して定める。任期は1年(4月1日から翌年3月31日)とし、再任は妨げない。
  4. 役員は、役員会の承認を経て、辞任・解任することができる。
  5. 役員の選挙は、日本情報デザイン学会役員選挙規定に従う。

6.3. 役員会

  1. 役員会は年1回以上開催しなければならない。
  2. 役員会は、委任を含めた役員の半数以上により成立する。
  3. 役員会は委任状により出席を代替し、意見を提出することができる。

6.4.情報デザイン学会経営委員会

  1. 理事会構成員のうちの3名以上をもって情報デザイン学会経営委員会を構成する。
  2. 経営委員会は、理事会の諮問機関とし、学会に指示・指導する権限を持ち、必要に応じ理事会に意思決定参画し、学会の健全な運営に寄与する。
  3. 経営委員会は、やむを得ない事情により理事会の尋常な開催が困難となった場合に、代表理事の決定に基づき、理事会の権限を停止することができる。
  4. 経営委員会は、合理的で客観的な評価に基づき、不健全であると判断された代表理事を解任し、理事会の総意に基づき一時的に理事長の権限を代替することができる。
  5. 経営会委員の任免、任期等は別途規則を定める。
  6. 経営会委員会は必要に応じ、代表理事が招集し、開催する。年に1回以上は開催しなければならい。

7. 入会と退会

7.1.入会

指定の入会申請書を作成し、事務局に提出し、年会費の入金が確認された後に、理事会での承認を経て、入会とする。

7.2.退会

  1. 退会の意思を示す事項を記載し、事務局にメール等で連絡後、事務局の受理・確認の後、理事会の承認を経て、退会となる。
  2. 年会費の未納、本会の名誉を貶める言動、学術研究団体のメンバーとしてふさわしくないと判断された会員は、理事会の審議をへて、除籍処分となる場合がある。
  3. 退会者は理事会の承認後、再度の入会(復帰)することができる。
  4. 除籍者は本会への再度の入会申請を出すことはできない。
  5. 年度途中の退会であっても、会費等の返金はしない。

8. 入会金・会費

8.1. 入会金

入会金は、当面徴取はしない。入会金が必要となった場合、その徴取の開始時期・金額については、理事会において決定する。(2023年10月現在)

8.2. 会費

本学会々員は種別に応じ、以下の年会費を負担する。

  1. 正会員 5,000円/年額
  2. 学生会員1,000円/年額
  3. 団体会員10,000円/年額
  4. 名誉称号授与者は無償とする。

9. 会員総会

  1. 年1回の会員総会を開催する。
  2. 会員総会は、開催年度にオンライン/オフラインかの実施方法について理事会が定める。
  3. 会員総会の議長は役員会の議を経て任命する。
  4. 会員総会の出席および議決権等は委任状をもって替えることができる。
  5. 会員総会は、委任を含めた会員の過半数の出席で成立する。
  6. 会則の改廃等は、会員総会の審議を経て、理事会が決定する。

10. 支部

  1. 本会は、3名以上の会員により、地方支部を結成することができる。
  2. 支部の結成は、代表者が幹事会に申請し、受理・承認されることで成立する。

11. 学会公認資格の認定

11.1. 情報デザイナー資格

  1. 本会は、日本情報デザイン学会による「情報デザイナー」の資格を授与することができる。
  2. 情報デザイナーは学会の定めるところにより、クリエイティブ領域の専門性を認定し、以下の等級に分けられる。
    1. 一級 情報デザイナー
    2. 二級 情報デザイナー
    3. 三級 情報デザイナー
  3. 一級および二級デザイン技能士資格保持者は「認定 情報デザイナー」の称号を名乗ることができる。
  4. 公認 情報デザイナー資格および称号等の授与に関しては、別に「公認 情報デザイナー規定」を定める。

11.2. 情報アーキテクト資格

  1. 本会は、日本情報デザイン学会による「情報アーキテクト」の資格を授与することができる。
  2. 情報デザイナーは学会の定めるところにより、システム設計領域の専門性を認定し、以下の等級に分けられる。
    1. 一級 情報アーキテクト
    2. 二級 情報アーキテクト
    3. 三級 情報アーキテクト
  3. 一級および二級アーキテクト資格保持者は「認定 情報アーキテクト」の称号を名乗ることができる。
  4. 公認 情報デザイナー資格および称号等の授与に関しては、別に「公認 情報デザイナー規定」を定める。

12. その他

規約に記載されていない事項については、幹事会の合議により、別に定める。

附則

本会則は、2021年(令和3年)4月1日より施行する。

英文論文誌

International Journal of Applied Informatics and Media Design (ISSN 2436-8814)

International Journal of Applied Informatics and Media Design” focuses on practices, technologies, applications and theories for Applied Informatics and Media Communication, including Social Informatics, Computer & Humanities, BioInformatics, Data Science and so on. “Applied Informatics and Media Design” offers a multi- disciplinary approach to Applied Informatics.
The topics of interests include but not limited to:

Media Design and Communication

Interaction Design / Information Design / Computer-mediated Communication / Entertainment Computing / Human Interface

Intelligent Computing

Artificial Intelligence(AI) / Algorithms / Computer Security / Mathematical modeling / Internet of Things (IoT)

Visual Communication

Computer Graphics / Virtual Reality (VR) / Augmented Reality (AR) / Game Programming / Media Art

Data Science

Data Modeling / DataBase Systems / Data mining / Information Retrieval / Big Data Analytics

Social Informatics

Social Media and Internet Research / Media in Education(MIE) / Media Analysis / Electronic Intellectual Property / Information Security

Web3

Artificial Intelligence on Media / eXtended Intelligence / DAO / DeFi / Cryptocurrency / Artificial Life / Metaverse

For Authors